10.22.2014

須賀敦子ふたたび

一気に季節が進みました。
きょうは冷たい雨。コートを一枚重ねてもいいくらい。
けれど、こういう鈍色のうすら寒い日はけっして嫌いじゃない。
家にこもって黙々と文字を打っているのが、
とても正しい行為のように思えるから。

SAD、季節性情動障害というやっかいな不調があるけれど、
私はどうやら太陽光ランプのお世話になることはなさそう。
うす暗い日のほうが自分のバイオリズムと同調してくれるし、
世の中の喧噪も控えめで、いつもより世界が近しく感じられる。

最近、須賀敦子の本を見つけて読んでいる。
『須賀敦子ふたたび』という、KAWADE夢ムックの一冊。
須賀敦子のことは、名前だけは90年代から知っていたものの、
本格的に興味をもったのはアメリカから帰ってきてから。
全集の中のいくつかの文章を読み、その息の長い端正な文章と、
垣間見える知性にたちまち虜になった。

いま読んでいるムックでは、若松英輔さんの語る、
須賀敦子の霊性と文学についての章がとくに興味深かった。
わたしは以前から、作品そのものをまず読むより、その作者の
エッセイや関連本を読んでから作品へと興味が移ることが多い。
このムックでも、各人の須賀敦子観を通して須賀敦子のさまざまな面が紹介されており、
彼女の本をいっそう読みたくなった。

今年の残りは、日本の作家は須賀敦子ひとりを
読み進めてもいいかもしれない。
それぐらいじっくりと、この希有な作家とつき合ってみたい気がしている。



No comments:

Post a Comment